2006年12月23日

全体の手順

脚本は絵の練習より大きな時間を要するのですぐ始めなければならない。
方法はいくつもあるが、これは補い合うものなので平行して行なう。

絵はデフォルメ度が高くても写実に基づくのが鉄則であり、
実物を理解していなければ紙の上で形をやりくりしても無駄である。
また、形としての絵柄を完成させるのが先決で、線質や面処理を考えるのは
その後である。


posted by スナノ at 08:53| 構造論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。