2011年08月22日

壊れた人々

「何年も練習しているのに背景が特に下手」と申告する人がいる。
が、背景は写真を見て、
平面に投影されたいびつな三角や四角を忠実に描ければ
よくちょこっとがんばるだけ、
各種定規でペン入れするのだから最も易しい部分である。
だからこそアシスタントでも描けるのだ。
曲線的な物も写真を見て泥縄的に頑張れば
その日のうちにそこそこ描ける。
[何年経っても背景さえ描けない者が、人物はあるていど描けている]
と思い込んでいるわけで、
これは脳が故障していると言わざるをえない。
劇タイプで極端に簡単な人物なら背景はさらに簡単なのだから。
最悪の音痴は録音を聴かされても自分の発声に音程が無いことを
認識できないのと同じだろう。


posted by スナノ at 14:40| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。